忍者ブログ
深石宗太郎プロフィール
[3]  [2] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sotaro Fukaishi  深石宗太郎

Born in Japan, Sotaro Fukaishi first came to international attention when he won second prize in the International Tuba-Euphonium Conference Competition held at the University of Texas in 1986. He was the first Japanese brass player ever to win a major international prize, and the event marked the beginning of his career as a leading soloist. This was followed by winning third prize in the 2nd Leonard Falcone International Competition and second prize in the 6th JMECPS Japan Wind and Percussion Competition.

Besides having a busy international career as a soloist, Sotaro is also an active conductor and pedagogue whose activities extend overseas. He has been invited to music festivals and seminars in England (2006), Greece (2006, 2007, 2008, 2012), Belgium (2008, 2014), and Croatia (2009, 2011,2015).

Sotaro’s first recording was with the Tokyo Symphonic Wind Orchestra released by Toshiba EMI (Japan) in 1988. He has released three CDs, ‘Ave Maria’, ‘Memory’, and ‘The Art of Euphonium’ under the Doyen label of England. He is the editor of nine collections of music published by the Yamaha Music Media. He also founded a ‘Fanfare Orkest’ at Senzoku Gakuen College of Music in Japan, a type of wind ensemble originating from Belgium and Holland, and the recording ‘Ostinati’ was released by De Haske in 2014.

Sotaro has served on the jury for numerous competitions. Since 1988 he has also been the director of the Japan Euphonium Tuba Association. Currently he is associate professor at Senzoku Gakuen College of Music.

Sotaro studied at Kunitachi College of Music where he graduated with the highest hounors. He has performed with the Tokyo Kosei Wind Orchestra and most of the major orchestras of Japan, as well as internationally with Melos Brass (Greece), Festival Brass Band (Belgium), Harmonieorkest Musikalo (Belgium), Busina Brass (Croatia), and Orkestar OSRH (Croatia). He studied the Euphonium with Toru Miura and Brian Bowman, and conducting with Kazuyoshi Akiyama and Yoshinori Kawachi.

深石宗太郎 ふかいし そうたろう (ユーフォニアム奏者・指導者・指揮者)

 国立音楽大学を首席で卒業(ユーフォニアム専攻)、矢田部賞を授賞。読売新人演奏会、ヤマハ金管新人演奏会等に出演。1986年、米国テキサス大学にて開催された、国際テューバ・ユーフォニアム・カンファレンス(ITEC)コンクールにおいて、日本人金管楽器奏者として国際コンクール初入賞となるユーフォニアム部門第2位。87年、レナード・ファルコーニ国際コンクール第3位。88年、小長谷宗一指揮、東京シンフォニック・ウィンド・オーケストラにて、ソロ曲「アンダンテとスケルツォ」をCD録音。東芝EMIより発売される。89年、第6回日本管打楽器コンクール第2位を受賞。

 ソリスト、審査員、指揮者として、また後進の育成や執筆活動も行っている。これらの活動は海外に及び、06年にはギリシャにおいて同国音楽史上初のユーフォニアム・リサイタルを行う等、欧州各地においてソリストやアカデミーの教授として招聘されている。09年11年および15年にはクロアチアの音楽祭・アカデミーに招聘され、リサイタル等を行った。16年には新潟においてイングリッシュ・ブラス・アカデミー・イン・ジャパンを初開催した。

 ベルギーやオランダを中心に発展した「ファンファーレオルケスト」と呼ばれる合奏形式を04年に洗足学園音楽大学に導入し、日本で初めてこのジャンルにおける継続的な活動を始め、10年にベルギー新大使館オープニングセレモニー、13年にCD「OSTINATI」をDe Haske よりリリース、14年にはベルギー演奏旅行を行った。

 英国のマンチェスター、リーズにおいてレコーディングを行ない、「DOYEN」レーベルにてソロCD「Ave Maria」「Memory」「The Art of Euphonium」をリリース。

 教本「パワーアップ吹奏楽・ユーフォニアム」ヤマハミュージックメディア出版、「ファンファーレオルケスト教本」チューリップ出版、ヤマハ株式会社発行の「~管打楽器の~新しい楽器学と演奏法」のユーフォニアムの項等を執筆した。ベルギー映画「気分はラプソディー」コラムを執筆。

 ヤマハミュージックメディア出版の「ポピュラー&クラシック名曲集」「ファンタスティック・デュエット」「ファッシネイティングアンサンブル・トリオ」「ディズニーファンタスティック・デュエット」「デュエットアルバム」「デュオでもトリオでも楽しくアンサンブル」「スタジオジブリ作品集」「ユーフォニアム&チューバアンサンブル de ジブリ」「ユーフォニアム&チューバ アンサンブルde ディズニー」を監修。
 
 日本管打楽器コンクール、全日本吹奏楽コンクール、日本ジュニア管打楽器コンクール等の審査員を務める。

 現在、洗足学園音楽大学准教授。日本ユーフォニアム・テューバ協会理事。日本ブラスバンド指導者協会理事。日本吹奏楽指導者協会会員。海上保安庁音楽隊演奏技術講師。全日本市民吹奏楽協議会演奏推進委員。慶応義塾大学ウインドアンサンブルOB吹奏楽団指揮者。イングリッシュ・ブラス・アカデミー・イン・ジャパン代表
 
 ユーフォニアムを三浦徹、ブライアン・ボーマンの各氏に、指揮法を秋山和慶、河地良智、増井信貴の各氏に、雅楽、合奏を芝祐靖、篳篥(ひちりき)を中村仁美の各氏に師事。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
忍者ブログ [PR]